So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

阿波おどり2017年 総集 [まつり]

南内町演舞場(入口)
2南内町演舞場2.JPG
フォーメーション演舞は出口付近で演じることが多いようで
撮影メインならS指定席よりA指定席(出口近く)が好ましいような気がします。
ただ南内町演舞場に限れば出口正面の特別指定席が最良でしょう。
12日夜に徳島行きを決めチケット購入のボクに特別指定席はありえなかったが
来年はニーヨンヨンで狙ってみようか、それともヨンニッパか?
いずれにしても購入するしかないわけで・・・さあて困った。


町屋だいにんぐ 銀乃介
9銀乃介2.JPG

10銀乃介3.JPG
市街各所に備え付け灰皿が多く愛煙家には有り難い限りですが
食べ処や露店数も半端なく、そこで開場までの時間調整と涼み、酔いどれの水分補給ってことで
立ち寄ったのが南内町演舞場にほど近いお店。

炙り〆め鯖が絶品で産地を伺ったら 何とノルウェー産だとか。
町屋だいにんぐ「銀乃介」のマネージャーが説明してくれました。
枝豆や串揚げ、チャンジャをつまみに生ビールをわずか5杯でちょうど時間切れ。
イケメンマネージャーにはきっちり来年の予約をしたのでした。


眉山ロープウェイより
眉山ロープーウェイ.JPG
昨年9月に初めて徳島市を訪れた時の画像ですが手前が新町小学校グランド。
高松市の仕事で「行きがけの駄賃」として市内チェックをした甲斐がありました。

今回の阿波おどりで2日間駐車した新町小学校ですが
早朝から校長が陣頭指揮で温かく迎えてくれました。
14日は駐車場一番乗りで開場の10時まで長時間待機してたので地域の方と会話したり
ほかにも方々で接した地元の方は皆さんおおらかな性格でとても親切でした。

永年恋い焦がれた阿波おどり
ようやく観れて今年は超ラッキーな夏でした。
来年も必ず行くから!

阿波おどり 2017 PART4 [まつり]

15日 南内町演舞場 (第一部)より
ほんま連
1ほんま連.JPG
2ほんま連2.JPG

天水連
5天水連.JPG

3天水連2.JPG

4天水連3.JPG

ゑびす連
6ゑびす連.JPG

7ゑびす連2.JPG

阿波扇
8阿波扇.JPG

8阿波扇2.JPG

水玉連
9水玉連.JPG

10水玉連2.JPG

11水玉連3.JPG

この演舞場撮影だけは特別席チケットがゲットできたら最高でしょうね。
来年の発売開始日(6/15?)は命がけで狙いますぞ。

阿波おどり2017 PART3 [まつり]

8月14・15日の二日間滞在した徳島市ですが、
今回は14日の市内演舞場を中心に拙い画像ですがUPします。

BT8Q0013.JPG

BT8Q0017.JPG

BT8Q0020.JPG

BT8Q0025.JPG

BT8Q0035.JPG

BT8Q9597.JPG

BT8Q9621.JPG

BT8Q9582.JPG

来年に向けた情報収集の初阿波おどりは大収穫だったといえます。


阿波おどり2017 PART2 [まつり]

阿呆連 PART-2
演舞会場 : 南内町(第一部)

BT8Q9720.JPG

BT8Q9746.JPG

BT8Q9755.JPG

BT8Q9764.JPG

BT8Q9767.JPG

次回は他有名連を載せる予定です。

阿波おどり2017 [まつり]

阿波おどり2017年8月
最終日15日の「阿呆連」より

BT8Q9713.JPG

BT8Q9715.JPG

BT8Q9716.JPG

BT8Q9727.JPG

BT8Q9730.JPG

BT8Q9744.JPG

EOS-1D X
EF70-200mm F2.8L ISⅡUSM

2016年から放置状態だったので更新方法もすっかり忘れたけど
恥ずかしながら生きてる証しとして久しぶりの更新です。

妖精の微笑 [雑感]

2月に開催された世界ラン展(安田町サントピアワールド)より
花は苦手だが久しくして戻ったタムロン90mm(272E)で一脚使用。

5U0E7567.JPG

5U0E7607.JPG


若かった頃に増して妻の愛情を日々感じる時は多い。
が、定期的な日舞(花柳流)・ダンス・裏千家お茶教室(自宅)・ボランティア、etc
そのたび留守居役を仰せつかるボクへの気遣い(後ろめたさ?)も含まれてるかも。

前置きはともかく、
そのあたりが半世紀を超えた親友ともなればちょっと違ってくる。
言葉に尽くせぬくらい、じつにありがたい存在だ。
ブログ冬眠に入って3ヶ月も過ぎたので今更という気もするが
友の心配を払拭するため、せめて桜が咲く前に更新しとかなくっちゃね。

加茂地区の友人にも思いが伝わると信じて!

EOS-1Ds MarkⅢ

創作人形

グループ煌 「15周年展」
会場 : 弥彦「みのや」
賛助出品 : 田中 幸雄氏 より (創作人形)

BT8Q6199.JPG

BT8Q6197.JPG

BT8Q6201.JPG

BT8Q6195.JPG

BT8Q6217.JPG

BT8Q6184.JPG

BT8Q6189.JPG

BT8Q6187.JPG

BT8Q6205.JPG

BT8Q6163.JPG

BT8Q6191.JPG

BT8Q6193.JPG

写真を撮り終えて帰る間際にご本人とバッタリ。
作品の話を聞けてその拘りに、ただただ感服したのでした。


ほのぼの人形 [旅]

とある民家で目に飛び込んだ手作り人形。
幼い頃、母の実家で見た披露宴の情景に似ていて
人形の表情が母方の祖母と重なったものだから懐かしく癒しのひと時でした。

BT8Q6153.JPG

BT8Q6155.JPG

制作「人形作家 : 齋藤タケエ先生」
福島県会津 大内宿にて。

松雲山荘 [紅葉]

前日夕刻のTV中継で松雲山荘が見頃って紹介されたので
久しぶりに古女房殿と出かけたのですが・・・

12日は穏やかで絶好の日和だったが大きく期待を外しました。
ライトアップが例年(200基)より50基増えたことで庭内は明るくなったが、
それが裏目に出てモミジの白飛びにつながったようです。

盛りだったら色鮮やかな紅葉が見れたのに残念でした。

BT8Q6052.JPG

BT8Q6054.JPG

BT8Q6066.JPG

EOS 1D X
EF16-35mmF2.8LⅡUSM

もみじ谷 [紅葉]

11月4日
雲ひとつない秋晴れの弥彦は「もみじ谷」
ピークを過ぎたモミジもあったが総じて見頃でした。

BT8Q6001.JPG


BT8Q6037.JPG

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。